SANRYOの歩み

年 号 SANRYOの歩み 社会の動き
1970年代 1975年(昭和50年9月)
町田市旭町1-16-24に株式会社三凌商事を設立。
産業廃棄物収集運搬、ビル総合管理、防災器具の販売を開始。
1970年
大阪万博開催
1970年
廃棄物処理法制定
1971年
環境庁設置
1974年
世界の人口40億人
1979年
第二次オイルショック
1977年(昭和52年4月)
町田市一般廃棄物収集運搬業の許可取得後逐次、
隣接自治体の許可を取得、業務の拡張をはかる。
1979年(昭和54年2月)
神奈川県相模原市に支社を開設。
一般土木建築工事、浄化槽の維持管理業務開始。
1980年代 1980年(昭和55年5月)
町田市木曽町233-1に本社社屋新築。
1983年
東京ディズニーランド開園
1986年
世界の人口50億人
1981年(昭和56年4月)
レストラン、デパート等の厨房グリストラップ槽
清掃と汚泥の産廃処理を開始。
1982年(昭和57年12月)
神奈川県厚木市に支社設立。
1983年(昭和58年11月)
自社ブランド<サンコール活性炭>を製造・販売開始後、
無機系高分子凝集剤など工業薬品販売にも取り組む。
1985年(昭和60年1月)
神奈川県愛川町に愛川工場を完成。
汚泥の脱水及び廃プラスチック類の選別、溶融の中間処理業を開始。
1985年(昭和60年4月)
横浜市瀬谷区に横浜支社開設。一般廃棄物収集運搬業開始。
1985年(昭和60年10月)
ミナト産業開発の強力脱臭素材<アニコ>の使用権獲得。
同素材を使用したアニコ脱臭装置を開発、販売。全国展開を始める。
1988年(昭和63年5月)
東京運輸局、神奈川運輸局より一般区域貨物自動車運送事業免許取得。
1988年(平成元年8月) 愛川工場内に愛川支社を開設。
1990年代 1991年(平成3年1月)
アニコ脱臭塔用素材製造販売開始。
1990年
湾岸戦争勃発
1993年
環境基本法施行
1995年
阪神・淡路大震災
1996年
環境マネジメントシステム
規格「ISO14000シリーズ」
制定
1991年(平成3年10月)
中国農墾進出口公司との合弁会社「華森国際貿易有限公司」を
中国北京市に設立。
1992年(平成4年4月)
東京都建築物清掃業の登録(東京都4清第1287号)。
1993年(平成5年6月)
東京都庁議会棟にアニコ脱臭剤納入。
1993年(平成5年11月)
文京区役所シビックセンターにアニコ脱臭装置納入。
1993年(平成5年12月)
中国との活性炭他の輸入貿易業務開始。
1994年(平成6年5月)
聖路国際病院ガーデンにアニコ脱臭装置納入。
1994年(平成6年9月)
リーテルシステムサービス(株)との提携により、
セブン-イレブン・ジャパン各店の
一般廃棄物一元管理収集<エコ物流>を東京23区内、
多摩地区内、神奈川地区内で開始。
1995年(平成7年6月)
東京国際フォーラム(国際会議場)にアニコ脱臭装置納入。
1995年(平成7年7月)
中国天津市に天津支社開設。
1995年(平成7年9月)
中国天津市第一軽工業局・天津市造紙廠と
3社合弁会社「天津津凌農業開発有限公司」を設立。
1996年(平成8年5月)
ビルピット清掃機器、強力吸引タンク<オデキュー>販売開始。
1998年(平成10年11月)
神奈川県愛川町に三凌愛川リサイクルセンター第2工場を開設。
(産業廃棄物処理業許可取得=堆肥化中間処理施設)
1999年(平成11年1月)
有機肥料<サンリョウ有機>販売開始。
1999年(平成11年1月)
有機肥料<サンリョウ有機>販売開始。
2000年代 2000年(平成12年6月)
第1工場及び第2工場が、
環境の国際規格<ISO14001>の認証を取得。
2001年
環境庁から環境省へ再編
2005年
「京都議定書」の発行
2006年
世界の人口65億人
2011年
世界の人口70億人
2000年(平成12年10月)
三凌愛川リサイクルセンター第1工場及び
第2工場が環境管理事業所に認定。
2000年(平成12年10月)
神奈川県川崎市に川崎支社を開設。
2001年(平成13年2月)
中国北京に北京代表事務所を開設。
2002年(平成14年3月)
神奈川県愛川町に三凌グリーンテクノセンターを開設。
(一般廃棄物処分業許可取得=剪定枝のチップ化)
2003年(平成15年5月)
東京都に建築物排水管清掃業を登録。
2003年(平成15年8月)
代表取締役会長に「赤石 光成」就任。
代表取締役社長に「赤石 賢治」就任。
2003年(平成15年12月)
神奈川県愛川町に三凌テクノプラザを開設。
(産業廃棄物処分業許可取得=木くず、廃プラスチック類、繊維くず、
金属くず、がれき類、ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず、
紙くずの選別、木くずの破砕、廃プラスチック類の圧縮)
2008年(平成20年1月)
チームマイナス6%に加盟。
2008年(平成20年7月)
第3工場及び第4工場が、
環境の国際規格<ISO14001>の認証を取得。
2009年(平成21年5月)
本社、横浜支社、川崎支社、相模原支社、厚木支社が、
エコアクション21の認証を取得。
2009年(平成21年12月)
東京都と「廃プラスチック類の埋立ゼロに関する協定」を締結。
2010年(平成22年2月)
東京都が創設した「東京における産業廃棄物処理業者の
適正処理・資源化の取組に係る優良性基準適合認定制度
(東京都産業廃棄物処理業者の第三者評価制度)」の
産廃エキスパートの認定を取得。
2010年(平成22年10月)
三凌愛川リサイクルセンター第2工場で製造する
<サンリョウ有機>が、
「かながわリサイクル製品認定」を取得。
2014年(平成26年10月)
神奈川県より、産業廃棄物収集運搬業及び
産業廃棄物処分業における優良産廃処理業者としての
認定を取得。
2015年(平成27年2月)
栃木県より、産業廃棄物収集運搬業における
優良産廃処理業者としての認定を取得。
2015年(平成27年2月)
東京都より、産業廃棄物収集運搬業における
優良産廃処理業者としての認定を取得。
2016年(平成28年4月)
静岡県より、産業廃棄物収集運搬業における
優良産廃処理業者としての認定を取得。
2017年(平成29年1月)
埼玉県より、産業廃棄物収集運搬業における
優良産廃処理業者としての認定を取得。
2017年(平成29年2月)
山梨県より、産業廃棄物収集運搬業における
優良産廃処理業者としての認定を取得。
2017年(平成29年5月)
エコアクション21の認証範囲を、
愛川支社及び三凌愛川リサイクルセンター
第1工場・第2工場・第3工場・第4工場を含む全社に拡大。
2017年(平成29年8月)
千葉県より、産業廃棄物収集運搬業における
優良産廃処理業者としての認定を取得。
2018年(平成30年2月)
三凌愛川リサイクルセンター第4工場内に、
水銀使用製品産業廃棄物(汚泥、廃プラスチック類、
金属くず、ガラスくず)の積替保管施設を設置。
2018年(平成30年10月)
長野県より、産業廃棄物収集運搬業における
優良産廃処理業者としての認定を取得。
2021年(令和3年3月)
長野県より、産業廃棄物収集運搬業における
優良産廃処理業者としての認定を取得。