SANRYOの優良認定

優良産業廃棄物処理業者認定制度は国(環境省)が制定した制度です。産廃処理業者の「経営の安定性」、「経営の透明性」、「遵法性」、「環境配慮への取組」等を都道府県が審査し、優良性を認定する制度となっています。弊社では、2014年10月以降「神奈川県」・「栃木県」・「東京都」の産業廃棄物収集運搬業、「神奈川県」の産業廃棄物処分業で優良認定を受けました。

産業廃棄物収集運搬業 許可証の写し


神奈川県


栃木県


東京都


千葉県


静岡県


山梨県


埼玉県


長野県

産業廃棄物処分業 許可証の写し


神奈川県

SANRYOの産廃エキスパート

東京都が独自に制定している、産廃処理業者の優良性基準適合認定制度です。国の優良産廃処理業者認定制度の基準に加え、さらに先進的な取組等の審査項目が加わっており、契約書・マニフェスト伝票・マニフェスト帳簿の照合等の現地審査を第三者評価機関が実施し優良性が評価されます。弊社では、東京都の産業廃棄物収集運搬業において、「産廃エキスパート」制度が始まった2010年4月に初回の認定を受け、2012年4月・2015年4月と2回認定を更新しております。

産廃エキスパート 認定証の写し

SANRYOのエコアクション21

2009年5月、本社、横浜支社、川崎支社、相模原支社、厚木支社が、「エコアクション21」の認証を取得しました。2017年5月、対象事業所が拡大され、ISO14001の認証を取得していた愛川支社及び三凌愛川リサイクルセンター第1工場・第2工場・第3工場・第4工場が、新たに「エコアクション21」の認証事業所に加わりました。エコアクション21とは、環境省が策定したエコアクション21ガイドラインに基づく、「環境への取組を効果的・効率的に行うシステムを構築・運用・維持し、環境への目標を持ち、行動し、結果を取りまとめ、評価し、報告する」ための認証・登録制度です。「産業廃棄物処理業者の優良性の判断に係る評価制度」の認定を受けるための条件として、このエコアクション21の認証登録が必要とされております。

エコアクション21

エコアクション21 環境方針

環境理念

株式会社三凌商事は、事業活動が地球温暖化に関わっていることを認識し、社員全員で地域社会と地球環境保全に対する取り組みを積極的に推進し、環境負荷の低減に努めます。

環境方針

株式会社三凌商事は、全ての事業活動を通じ環境保全を重要課題として取り組み、以下の行動指針を定め、その実現に取り組みます。

行動指針

1.省資源・省エネルギーに努めます。

  • 再生紙・裏紙の使用・グリーン購入
  • 電力・水の使用量を削減
  • エコドライブの推進による使用燃料・二酸化炭素排出量の削減
  • 自社中間処理施設における受託廃棄物のリサイクル率向上
  • 自社中間処理施設で使用する化学物質使用量の削減

2.環境関連法規の遵守に誓約します。

  • 環境関連の諸法規及び当社が同意した各種協定の遵守

3.環境意識の向上を図ります。

  • 社員の環境教育を定期的に実施
  • 地域の環境行事に積極的に参加

4.継続的環境改善を実施します。

  • 環境目標・行動計画を設定し、環境経営システムの運用と継続的改善を実施

このエコアクション21環境方針を全社員に周知すると共に、一般にも公開します。

2008年6月2日(改訂2017年7月6日)
代表取締役社長 赤石 賢治